パソコンを使っている男性

公開履歴

最近、初心者向けのサイト作りの方法論のひとつに、中古ドメインを利用するという方法が取り扱われています。実際にやってみると普通に新規ドメインを買うのとは違うやり方ではありますが、いろいろな方法があります。
具体的にどういうところがいいのかというと、ずばりSEOに効果的だという点がとても魅力的でしょう。

SEOとは、検索エンジン最適化という物で、自分のサイトがいかに検索サイトで上位に入るか、という上位表示を狙ったものです。基本的に検索サイトはGoogleが主流ですが、他にもYahoo!やBingなどの検索サイトの対策をすることもあります。ただ、基本的にGoogleベースの対策さえ行えばSEO対策としては十分、という意見が主流でしょう。

さて、その中でも特に中古ドメインの利用については、一般的に新規ドメインを購入して利用するのはかなり大きな違いがあります。
最も大きいのは、既存のドメインの購入が必要だという事でしょう。新規ドメインの場合はドメインを購入する際に、ある程度文字列を自由に選ぶ事が出来ます。ですが、中古ドメインの場合は新規ドメインのように自由に文字列を選ぶわけではなく、いくつかの決まった文字列からいくつか選ぶという形が基本となっています。

また、新規ドメインと違うのは、元からSEOを意識したドメインだという事でしょう。
例えばドメインエイジといってそのドメインがどのくらい運用されているかという履歴や年数があったり、被リンク数が一定あるのでSEO対策にある程度効果をもたらします。

その一方で、難しい事に初心者に対しては若干ハードルが高い点も見られます。例えば中古ドメインを選ぶときにはそれぞれの評価や被リンクの状況、ドメイン引き継ぎの方法などを知らなくてはなりません。このため、初心者向けの中古ドメイン業者を選んだり、中古ドメインについての一定の知識が必要になる場合もあるでしょう。

感想としては、ドメインエイジやクローラー、引き継ぎの方法など、専門的な知識がかなり必要だという点が大きいものです。また、うまくドメインを選ばないと、評価が引き継がれなかったり、悪い評価のドメインを購入してしまう可能性もあり、ちょっとギャンブル性のある方法でもあります。
その一方でとても良いドメインはかなり効果が出ますし、ばっちりSEO対策につながるでしょう。初心者にとっては難しい点もありますが、うまくハマれば効果は大きいという感想を持つサイト運営者は多いようです。