中古ドメインを運用する際はリダイレクトの設定を忘れずに

中古ドメインを運用する時は、必ずリダイレクトの設定をする必要があります。リダイレクトとは何かというと、そのサイトのドメインをそのまま他のサイトに引き継ぐという手続きで、技術的な作業さえしっかり行えば問題はありません。

リダイレクトについては、実際はその中古ドメイン購入業者や、中古ドメイン設定時にサーバーの会社などによって違います。特にレンタルサーバーを利用している人であればドメイン変更については何らかの対策があるでしょうから、その手順や注意などを読んでから作業を行いましょう。

気をつけたいのは今あるサイトや今のドメインからのリダイレクト設定を確実に行う、という事です。というのも、中古ドメインを利用するのなら必ず行わないと、そのドメインの価値が引き継がれない可能性があります。

中古ドメインの場合、そのドメインパワーや被リンク数が大きな影響を及ぼすのは間違いありません。ですが、これも適切にリダイレクトの設定をしたからこそ、良い影響を及ぼすのです。
リダイレクトの設定を行うことで、ドメインの価値が引継ぎされますし、そうなることでサイトの価値もアップし、ドメインによる集客も期待できます。

逆に検索サイトがそのサイトに行ってもドメインの価値が落ちてしまう理由の一つが404エラーです。404エラーになると、基本的にそのサイトは存在しませんし、当然ドメインの価値も落ちてしまいます。特に検索サイトはSEOでそのサイトが存在するかどうかを気にしますので、404エラーによってサイトやページが無いと感じてしまうと、それまでのドメインパワーが無くなる可能性があります。

基本的にリダイレクトの設定がきちんとなされていれば、301エラーといって別のページやサイトに飛ぶ設定がなされます。これはかなり専門的な技術を必要としますが、的確な手順で作業をすれば問題はありませんので、きちんとほかのサイトに飛ぶようになります。
また、この301エラーとはサイトからほかのサイトに飛ぶとき、特にほかのドメインからほかのドメインに飛ぶタイプのエラーで、サイトの評価なども引継ぎながら影響を及ぼす事が出来ます。当然ほかのサイトよりも評価の高いサイトならば、SEO的にも効果があります。

運用を行う時にどうしてもSEOは意識する点ですので、適切に対応すれば被リンクやドメインパワーなどのドメイン評価を利用しながら、サイトを大きく育てる事が可能でしょう。