ドメインを取得する前にスパム判定チェック

パソコンの画面とタブレットとスマホ

ドメインを購入する前に注意したいのが、それがどういう風に使われていたかという事でしょう。実はそのドメインの過去の扱いがどうだったかによって、そのSEO効果も変わってきます。

基本的に、まずそのドメインがきちんとインデックスされているかどうかをチェックしてください。インデックスとはそのドメインに定期的に検索サイトであるGoogleのクローラーが来ているか、また検索結果に表示されているかどうか、という事です。実はこれができないと、検索結果にきちんと表示されなくなり、SEO対策のつもりが逆に悪い検索結果の表示につながってしまう可能性もあります。
このため、出来るだけ検索結果に良いサイトなのかどうか、中古ドメイン購入時に必ずスパムチェックは行っておきましょう。

まず、URLスパムチェックツールというのがありますので、これを利用しましょう。基本的にこのツールはURLを入力かペーストするだけで、どういう検索結果だったのか、悪質なスパムドメインだったのかどうかという事を判断します。
とはいえ、URLスパムチェックツールについては基本的に二つのサイトを利用すれば問題はありません。

その一つはSpam Database Lookupという物です。こちらは検索サイトで検索をすれば出てくる、悪質なドメインのデータベースになります。もしこれから購入したい文字列があったら、事前にここで検索してみましょう。どんなに優良な文字列で魅力的だったとしても、SEOの観点からすればここで悪質だと評価された文字列を購入するのはおすすめしません。

もうひとつはaguse.jpというサイトです。こちらはドメインの評価や悪質だったかどうかという事を判定します。特に悪い文字列はブラックリスト入りしていることもあり、その文字列が本当にブラックリスト入りしているかどうかを判断できるものになります。

気をつけたいのは、この二つでOKだったとしてもあまりSEO効果が強くないドメインや、悪質な文字列もあるという事でしょう。
とはいえ、aguse.jpとSpam Database Lookupの二つのどちらかでNGが出たものをわざわざ買う必要はありません。悪質な文字列を集めて逆SEO対策をしたい時であればよいのですが、そういう時ではないのであればGoogleには悪い評価を受けやすい文字列でもあります。最低限この二つのチェックツールの評価は重視するように、注意しておきましょう。

サイト内検索
最近の投稿
人気記事一覧
2
ドメインを取得する前にスパム判定チェック

2019年05月19日
(71 Views)